火薬類取締法令とは:火薬類取扱保安責任者の資格取得講座



>>火薬取扱者試験の参考書テキストや過去問、問題集、
試験対策本などをお探しの方はこちら


火薬類取締法令とは

ここからは火薬類取扱保安責任者の資格試験の、もうひとつの試験科目である法令について触れてゆきます。

法令の試験は受験者全員に必須で、免除の条件はありません。試験対策としては、一般火薬学同様、まず過去の試験問題を解いてみることをお勧めしますが、それ以外に火薬類取締法令集は一冊購入しておくべきでしょう。これは必ずしも試験対策のためだけではありません。

火薬類取扱保安責任者の資格を取得した後も、法令に則った安全な取り扱いを行うためには、何度も見直す必要があるからです。

火薬類取締法令は数年の周期で部分的に改正されています。常に最新のものとは、なかなかゆきませんが、私も数年に一度は購入して知識が時代遅れにならないよう努力しています。最近は電子政府のホームページで、主な法令を検索・閲覧できるサービスもありますので、そちらを利用するのもよいかもしれません。

さて、その火薬類取締法は、主に「災害の防止」と「公共の安全」を目的としています。これはすなわち、火薬類取扱保安責任者をはじめとする、火薬類の取り扱いに携わる人達全ての責務と考えてもよいでしょう。しかし誤解を恐れずに言えば、火薬類取締法は、かなり抽象的あるいは精神的な記述が多く、具体的な運用は火薬類取締法施行令や施行規則に負うところが多いようです。

法律家や行政担当者はともかく、実務者は施行規則を詳細に理解すればよいのではないでしょうか。そこでここからは、主に火薬類取締法施行規則の章立てに即して、法令について触れてゆくようにします。


火薬類取扱保安責任者の資格を取ってみませんか?

火薬類取締法令とは:関連記事

廃棄
ここまでは火薬類取扱保安責任者の資格取得に必要な知識について記述してきました。その中で、特に書き切...

保安責任者及び副保安責任者
保安責任者と副保安責任者については、施行規則の第十一章で規定されています。 取扱保安責任者の選任が...

消費(2)
火薬類の消費場所には、火薬類取扱所と火工所を設けなければなりません。これは極力爆薬と、雷管を主とす...

消費(1)
火薬類の消費は施行規則の第八章に規定されています。 火薬類を消費するにあたっては、消費地の都道府県...

運搬・所持・取扱の制限
ここでは施行規則に細かい規定のないもについて、まとめて簡単に記述します。 火薬類の運搬は法第十九条...

譲渡と譲受
譲渡と譲受は、普通に言うと火薬類を売ったり買ったりすることです。施行規則の第五章で規定されています...

貯蔵(2)(火薬庫について)
火薬庫は規模・用途により、幾つかの種類に分類されています。火薬庫の種類が理解できれば、先の貯蔵区分...

貯蔵(1)(暗記と計算)
貯蔵に関する事項は施行規則第四章で規定されています。火薬類取扱保安責任者の資格試験では、貯蔵に関し...

販売
施行規則第二章は製造です。火薬類取扱保安責任者の資格では製造に関する保安責任者には選任されませんの...

保安物件
火薬類取締法施行規則の第一章は総則です。ここでは、例えば爆薬とは何かとか、火薬とは何かといった定義...