忘れてはならないこと:火薬類取扱保安責任者の資格取得講座



>>火薬取扱者試験の参考書テキストや過去問、問題集、
試験対策本などをお探しの方はこちら


忘れてはならないこと

消費場所で全ての発破作業が終了しても、火薬類取扱保安責任者の仕事は終っていません。確かに現場で実際に発破が行われている時期は、気を使うことも多く、その重い責任から解放される訳ですからホッとしてしまうのも無理はありません。でも、もうひと頑張りです。

通常、消費が終了した際には許可を受けた都道府県知事に対して火薬類消費終了報告を提出することが多いようです。それと同時に、受けていた火薬類譲受許可証・火薬類消費許可証を返納しなくてはなりません。

消費の最中だと、これらの許可証を紛失したり盗難にあったりすると、業務が滞ってしまいますから、大慌てで再交付の申請をすることでしょう。しかし、業務終了後だと何となくなおざりにされがちです。しかし、公共の安全に対する影響は、業務終了前でも後でも何も変わりません。

第三者であっても許可証を携帯していれば、許可されている火薬類は購入できてしまいます。しかも、その火薬類が許可条件どおりに消費されるという保障はどこにもありません。許可証を持ち続けていることは、火薬類を所持し続けているのと同じ程度の意味だと認識し、不要になった許可証は速やかに返納に行くようにしましょう。その際、役所の検印をもらっておくと気持ちの上でも整理が付くと思います。

また、消費の場合の保安責任者は、消費場所ごとに選任されているものなので、選任中は他の現場の保安責任者になることができません。許可書の返納と同時に保安責任者を解任しておくと、次回の現場がどこであっても即選任できますから、必要に応じて解任届けも提出してしまいましょう。


火薬類取扱保安責任者の資格を取ってみませんか?

忘れてはならないこと:関連記事

騒音の見積り
最後に発破騒音について触れてみます。騒音は付近住民に恐怖心を与えたり、健康を害したりするだけでなく...

振動の見積り
近年、盆地や平野の縁辺部まで住宅地や市街地の開発が広がっています。このため火薬類を生活区域に隣接し...

装薬量の見積り
ここからは私が火薬類取扱保安責任者として、たまに手掛けたことのある仕事について簡単に触れてみたいと...

現場で気をつけること
さて火薬類譲受・消費許可を受けることができれば、現場での消費作業となります。火薬類取扱保安責任者で...

必要な書類は色々
先に火薬類譲受・消費許可申請を受け付けてくれる窓口は、都道府県によって様々という話をしました。それ...

窓口はどこかな?
ここからは火薬類取扱保安責任者の実務のうちの一つである火薬類譲受・消費許可申請の流れについて触れて...